2007年08月05日

帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー 【ヴィシソワーズ】

100年以上にわたり受け継がれてきた伝統のフランス料理で頂く冷たいスープとは・・・

コンソメとポテトの冷製スープ パリ風

ジャガイモの冷たいスープ・ヴィシソワーズとコンソメジュレが2層になったホテル伝統の一品。


有名ホテルが誇る伝統の味ヴィシソワーズですが・・・・本格的に作るとなると材料を入手するところから大変。本来は、日本では、1本1000円ほどするポロネギも必要なんです。

今回は特別にジャガイモとタマネギだけで作れるレシピを伝授します。

【材料】(4人分)

帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー 【ヴィシソワーズ】ジャガイモ 中2個
タマネギ 大1/2個
万能ネギ(青い部分) 適量
チキンブイヨン 3カップ
生クリーム 2カップ
牛乳 2カップ
バター 30g
塩 適宜

【作り方】

1 タマネギは繊維に対して直角に、薄切りにする。ジャガイモは薄切り、万能ネギは小口切りにする。
2 鍋にバターを入れ、弱火でタマネギを炒めていく。
   決して焦がさないようにじっくり20〜30分かけて炒める。
   木ベラで押すと簡単に潰れるくらいが目安。
3 ジャガイモを加えて中火で炒める。
4 ジャガイモの端が透き通ってきたら温めたチキンブイヨンを加え、強火にして沸騰したら弱火にして、 20〜30分煮詰める。
   焦がさないように注意!
5 い料毒を取って、フードプロセッサーにかける。
   ジャガイモの粘りが出ないように、少しずつ数回に分けて様子を見ながら小刻みにかけていく。 ジャガイモの粒が残っているくらいで
6 生クリームを3回に分けて加えて、5.と同様に小刻みにフードプロセッサーにかける。
7 牛乳も生クリームと同じように3回位に分けて加え、フードプロセッサーにかける。
8 味を見て、塩水で調節する。
   塩を水に溶いてから加えることで混ざりやすく、溶けやすくなる。
   チキンブイヨンやバターに塩分が含まれているため、塩分の調整は最後に味見してから行う。
9 ボウルに移し、底を氷水で冷やしながら混ぜ、器に盛って万能ネギを散らして完成!



しゃべる!DSお料理ナビまるごと帝国ホテル〜最高峰の料理長が教える家庭料理〜
帝国ホテルにある名店の料理長たちが監修し、手軽に手に入る食材、家庭にある調理器具、家庭でも再現できる技法で帝国ホテルの味が楽しめるレシピ集です。
ホテルが誇る伝統メニューヴィシソワーズももちろん収められています。


帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー
東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルタワー地下1階
TEL 03-3539-8073
・「コンソメとポテトの冷製スープ パリ風」は
「村上信夫の“人生はフルコース”」(第11代料理長を務めた村上信夫氏考案のメニューを堪能できるフルコース)のメニューに含まれるスープです。(12,600円税込・サービス料別 8/31まで)

>>まかないレシピ トップへ戻る



>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(1)トラックバック(0)帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ヒデ★   2011年07月03日 11:36
5 これからの時期、冷製は外せませんね。
帝国ホテルのヴィシソワーズは楽しみです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories