2007年12月11日

レストラン大宮 【レストラン大宮流カキフライ】

レストラン大宮のカキフライのカキは、生食用を使うのがポイントだとか。その理由は

(レストラン大宮・シェフ:大宮勝雄さん)
「僕の場合、ちょっと温かい生で揚げるような感じで揚げたいんですよ。カキの旨みを残したいので。」

【材料】(2人分)

レストラン大宮 【レストラン大宮流カキフライ】カキ(生食用) 8〜10個
小麦粉 適量
パン粉 適量
卵 1個
サラダ油 小さじ1
コショウ 少々

●揚げ油
サラダ油 適量
オリーブ油 適量(=4:1)

【作り方】

1 生食用のカキ(むき身)を洗わずに、水気をキッチンペーパーでよくふき取る。
   生食用のカキは、今回はその塩気をいかすため水洗いしません。
2 卵にサラダ油を加えてよく混ぜる。
   サラダ油を加え混ぜることで乳化して溶き卵がなめらかになります。
3 小麦粉をうっすら付け
   ↓ 

  卵液を全体に絡ませ
   ↓ 

  パン粉をうすく付ける。

4 揚げ油(サラダ油:オリーブ油=4:1)をフライパンにカキの半分のカサになるくらい入れ、温める。
   オリーブ油を加えることで、油のコシが強くなり香りがよくからっと揚がります。
5 高温(約180度)でキツネ色になるまで、揚げ焼きにすれば完成。
   乾燥パン粉は細かいものがオススメです。粗めの場合は細かく砕いてから使いましょう。

◆レストラン大宮
東京都台東区浅草2-1-3
TEL 03-3844-0038
・カキフライ 1,800円

◆レストラン大宮 新丸ビル店
住所: 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5F
TEL: 03-5222-0038
定休: 無休
平日: 11:00 - 15:00 / 17:00 - 23:00
土曜: 11:00 - 15:00 / 17:00 - 22:00
日祝: 11:00 - 15:00 / 17:00 - 22:00

洋食 / レストラン大宮 - liverdoor 東京グルメ

>>まかないレシピ トップへ戻る



>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)洋食(青山からす亭・レストラン大宮・洋食MIYASHITA・UCHOUTEN)   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
Categories