2008年11月16日

家庭料理 ありよし 【フライパン1つでできる!簡単大学イモ】

旬の野菜の持ち味をいかした家庭料理のお店 ありよし。

店主の有吉さんが今一番こだわっている野菜が、さつまいもなんです。

今回は、このサツマイモ料理のプロが、失敗知らず驚きの大学イモの作り方を伝授。

(店主:有吉克子さん)
「さつまいもの甘みと食感を残しながら、少なめの油で簡単に作りましょう!」

有吉さんの方法なら、一般的な油で揚げてアメに絡める工程はいらないんだそうです。

「揚げながらアメを作ります。」

奥様たちのアンケートでは、「アメが固まりすぎてしまう」「アメをカリッとさせたい」など、 アメに関するお悩みも多かったのですが、

「実は、お酢を入れることで、砂糖がなめらかなアメ状になるんですよ。」

フライパン1つでできる、目からウロコの簡単大学イモレシピです。

【材料】(3〜4人分)

家庭料理 ありよし 簡単絶品の大学イモさつまいも 1本(250〜300g)
三温糖 大さじ4
しょう油 小さじ1/3
酢 小さじ1/3
サラダ油 大さじ4
水 少々
黒ゴマ 適量

【作り方】

1 さつまいもは乱切りにし、水洗いをしてクッキングペーパーなどで表面の水気を拭く。
2 フライパンに三温糖、しょう油、酢、サラダ油、水を入れ、さつまいもが重ならないよう並べ、フタをしてから弱火で加熱する。
3 2分したらさつまいもの表面を返してフタをして、さらに2分後もう一度返し、断面を揚げ焼きする。(トータル6分加熱する)
4 タレがあめ色に変わったら、まんべんなくさつまいもにあめを絡ませる
(さつまいもに竹串を刺して、スーッと通れば火が通っています。)。
5 竹串を刺してスーッと通れば火が通ったので、オーブンシートに取り出し、熱いうちに黒ゴマを振って完成。

大学イモを取り出した後のフライパン大学芋を取り出した後のフライパンは、このような状態になっています。 油とアメの部分がきれいに分離しているんです。揚げ焼きにされたさつまいもをこの茶色い部分のアメにのせると、 油ではなくアメだけが上手に絡むすごい方法なんです。



家庭料理 ありよし
東京都杉並区上荻2-20-6 石川マンション1F
TEL 03-3392-7889
【営業日】月曜日〜土曜日
【定休日】日曜 祝日
【営業時間】18時より22時30分まで(ラストオーダー22時)
※昼食はご予約のみお受けしております。(定食1,600円より)
店主:有吉克子さん

ありよし / 中野-三鷹 / 懐石料理 - livedoorグルメ

>>まかないレシピ トップへ戻る



>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)懐石料理(橘花樓・ありよし・みちば和食銀座たて野)   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories