2009年08月08日

喰いてえ屋 天晴れ 【つくね風ゴーヤバーグ】

国分寺の和食店、喰いてえ屋 天晴れの店長が教えていたフライパン一つで簡単に出来る、子どもにも食べやすいゴーヤ料理のレシピです。

スタジオで試食した出演者らは・・・
「全くゴーヤを感じないですね。これはいい」
「でも歯ごたえがいいですね」
と、苦味が全くないので「子供向け」という料理に納得の様子でした。

【材料】(4人分)

喰いてえ屋 天晴れ  【つくね風ゴーヤバーグ】タネ
ゴーヤ 1本
鶏ひき肉 400g
卵黄 1個
スライスチーズ 4枚
みそ 大さじ1
ゴマ油 小さじ2
ニンニク(すりおろし) 小さじ1と1/2
ショウガ(すりおろし) 小さじ1と1/2
オイスターソース 大さじ1
塩・コショウ 各少々

蒸し用
水 40cc
酒 40cc
サラダ油 大さじ1

タレ
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1
酒 大さじ1
水溶き片栗粉 大さじ2(割合は1対1)

【作り方】

1 ゴーヤは縦半分に切り、スプーンでワタを取ったら、5ミリ幅にスライスし、分量外の塩(お湯1リットルに対して小さじ1/2が目安) を加えたお湯で30秒ほどさっと下茹でする。(※下茹ですることで苦味がやわらぐ)
2 下茹でしたら氷水にさらし、クッキングペーパーで水気をよくふき取る。
3 ボウルに鶏ひき肉、塩、コショウ、卵黄、ニンニク、ショウガ、味噌、オイスターソース、 ゴマ油を加え粘り気が出るまでよく混ぜ合わせる。
4 粘りが出てきたら、ゴーヤを加えさらによく混ぜ合せ、4等分にし、ハンバーグ型に成形する。
5 フライパンにサラダ油をひき、強火で3分片面を焼く。
6 焼き色が付いたら、ひっくり返し、酒、水を加え弱火で7分蒸し焼きにする。
7 フライパンから取り出す直前にスライスチーズをのせ、30秒くらいさらに蒸したらハンバーグを皿に取り出す。
8 再びフライパンに、しょう油、みりん、砂糖、酒を加えひと煮立ちさせたら、 水溶き片栗粉を加えとろみをつけてタレの完成。
9 Г豊┐鬚けたら、ゴーヤチーズバーグの完成!

◆喰いてえ屋 天晴れ
東京都国分寺市本町2-8-6 大沢ビル2F
※JR中央線「国分寺」より徒歩2分
TEL 042-328-3380
【営業時間】17:30〜24:00(L.O.23:00)
【定休日】無休
【紹介したお店のメニュー】
・「ゴーヤチーズつくね」1本240円

東京都国分寺市にある和食店。
子どもにも食べやすいのゴーヤ料理、ゴーヤチーズつくね(240円)が人気。
このメニューを出す事になったきっかけを店長は、「子どもがゴーヤが嫌いだったんですけど、どうしても子どもに食べさせたくて、ゴーヤをつくねにして子どもに食べさせたら苦くなくて大丈夫って言ったので店のメニューにした」と話していました。
ゴーヤチーズつくねを試食後、女性アナウンサーが店長に家庭でもフライパンで簡単に出来るゴーヤつくねの作り方を教わりました。

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)沖縄料理(太陽人・ちゃんぷるぅ家・古都首里・ナビィとかまど)   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories