2010年05月14日

日本橋ゆかり 【フライパンで簡単肉じゃが】

皇室御用達の懐石料理の名店 日本橋ゆかり。
そこで腕を振るう野永喜三夫さんは、料理の鉄人ジャパンカップで総合優勝するなど、 今注目の若手料理人。 さらに、『フライパンで和食』という本を出すほど、フライパンの可能性を追い求めている方なんです。

三代目:野永喜三夫さん
「日本料理の定番、肉じゃがです。フライパンが一番いいんですよ。 一番ラク。
底が広いので食材が重ならないので早く火が入りますし、水分が早く飛ぶ。」

フライパンで作る肉じゃがを教えていただきました。

【材料】(4人分)

日本橋ゆかり 【フライパンで簡単肉じゃが】砂糖 大さじ1
しょう油 大さじ4
みりん 大さじ4
だし 700cc
ジャガイモ 2個
ニンジン 1/2本
タマネギ 1個
豚ばら肉 250g
昆布 15g
カツオ節 10g
絹さや 少々

【作り方】

1 ジャガイモ、ニンジンは一口大の乱切りに、タマネギはくし切りにする。 豚ばら肉は4〜5センチの長さに切りそろえる。
2 フライパンに砂糖、しょう油、みりん、だしを入れて、合わせだしを作る。
3 ジャガイモ、ニンジン、タマネギを重ならないようにフライパンに入れ、 豚ばら肉を入れ、よくほぐしておく。2cm角に切った昆布も入れる。
4 2枚に繋げたクッキングペーパーの中にカツオ節を入れ折り、具材が隠れるようにのせる。
5 ここで初めて火をつけ、強火にかける。煮立ったら中火にしてだしが半分になるまで15分煮込む。
6 火を消し、常温になるまで冷ます。
7 クッキングペーパーをよく絞り、中火にかける。煮立ったら弱火にして、煮汁をスプーンでかけながらお好みの味まで煮詰めていく。 照りがでてくればよい。
8 器に盛り、塩茹でした絹さやを飾って完成。

具材を変えれば、様々な煮物がフライパンで作れますよ!

<フライパンで煮物料理のメリット>
1. 火の通りが早い
2. 味ムラを防げる
3. 煮崩れしにくい
4. 味が早く入る

日本橋ゆかり
東京都中央区日本橋3-2-14
TEL 03-3271-3436
営業時間
午前11:30〜午後2:00
午後5:00〜午後10:00
定休日 日曜・祝日

日本橋ゆかり / 会席料理 - lvedoor 東京グルメ

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)日本橋ゆかり   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
Categories