2010年06月15日

帝国ホテル インペリアルバイキング「サール」 【帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風】

今年で開業120周年の帝国ホテル。日本で初めて“バイキング”という食のスタイルを導入したビュッフェレストランで、 ポテトサラダは味わえます。

帝国ホテル インペリアルバイキング「サール」 【帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風】 ☆帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風
大正時代から受け継がれている帝国ホテルの伝統のポテトサラダ。具材はジャガイモ・タマネギだけ!




帝国ホテル シェフ:下川明宏さん
「いくつかのポイントをおさえていただければ、ご家庭でも簡単に作ることができます!」

【材料】(4人分)

帝国ホテル インペリアルバイキング「サール」 【帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風】男爵イモ 750g
タマネギ 1/4個
フレンチドレッシング
・塩 小さじ1/2
・コショウ 適量
・マスタード 小さじ1/2
・白ワインビネガー(または酢) 大さじ2
・サラダ油 大さじ4
味付け
・マヨネーズ 200g
・マスタード 小さじ1/3
・塩・コショウ 適量


【作り方】

1 鍋に皮の付いたジャガイモを入れ、水から強火で茹でていく。 沸騰してきたら弱火に落とし、30分程度茹でていく。
2 1.の作業中に、タマネギをスライスし、その後ボウルに移し、塩を少量加えて15分程度置く。 水気が出てきたら布巾に移し、しっかりと揉みこみ、最後に水で洗い、水気を絞り、タマネギの下処理が完了。
3 ボウルに塩、コショウ、マスタード、白ワインビネガーを加え、一度混ぜ合わせる。 あとは、サラダ油を少しずつ混ぜながら加え、フレンチドレッシングの完成。
4 1.のジャガイモに竹串を刺し、茹で上がったら、熱い状態で布巾などにのせ、皮をむき、潰さずに、 1センチ弱にスライスし、3.で作ったフレンチドレッシングと、塩、コショウを加えて混ぜ合わせる。 混ぜ終わったら、30分程度冷蔵庫に入れ、冷ます。
5 ジャガイモが冷めたら、下処理をしたタマネギとマヨネーズを加え、混ぜ合わせる。
6 仕上げに、マスタード、塩、コショウで味を調え完成。
7 ゆで卵とパセリをちらして彩りにトマトを添えれば、帝国ホテル伝統のポテトサラダの味に!

≪帝国ホテル伝統のポテトサラダ≫
ホクホク感のある「男爵」
・皮付きのまま水からゆでる
・つぶさずにスライスする
<下処理の極意>
・タマネギに塩をふり、布巾で水気をしぼる
<味つけの極意>
・ジャガイモが熱いうちにフレンチドレッシングで下味をつける
・冷ましてからマヨネーズで和える

帝国ホテル インペリアルバイキング「サール」
東京都千代田区内幸町1-1-1 本館17階
TEL 03-3504-1111(代表)
【営業時間】昼間11時〜14時30分(L.O.)
 夕食17時30分〜21時30分(L.O.)
 ※土曜・日曜・祭日は夕食17時〜21時30分(L.O.)
【料金】ランチ:大人5,250円 小人3,150円
 ディナー:大人7,875円 小人4,725円

インペリアルバイキング サール|日比谷、内幸町、銀座/洋食|livedoor グルメ

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories