2010年12月27日

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 落合シェフ直伝! Xmasディナー2010 【豚ロースのソテー バルサミコソース】

落合務シェフ
「今年はあまりお金をかけないでね、 美味しいクリスマスディナーを作りましょう!」

日本一予約の取りにくいイタリア料理店、ラ・ベットラを率いる大人気シェフ・落合務さんが、 とっておきのクリスマスディナーを提案。お肉を焼いたフライパンで作る絶品バルサミコソース。 いつもの豚肉が今日は豪華なクリスマスプレートに大変身します。

バルサミコ酢は、安いもので
・・・というか、安いものがいいそうです。

【材料】(2人分)

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 落合シェフ直伝! Xmasディナー2010 【豚ロースのソテー バルサミコソース】豚ロース肉 2枚
塩・コショウ(下味用) 各適量
オリーブ油(炒め用) 小さじ2
ジャガイモ(付け合わせ用) 1個
バルサミコソース
・バルサミコ酢 大さじ4
・塩 ひとつまみ
・コショウ 少々
・砂糖 ひとつまみ
・バター 5g
・小麦粉 適量




【作り方】

1. 【材料の下準備】
焼いた時に肉が反り返るのを防ぐため、 豚ロース肉の脂身の部分に数か所、切り込みを入れておく。
2.塩・コショウを両面にしっかりふり、5分ほど置く。
付け合わせのジャガイモはあらかじめ下茹でし厚さ1cmの輪切りにしたら塩(少々)をふって 5分ほど置く。
3. 【焼く】
オリーブ油をひいたフライパンを中火にかけ、豚ロース肉をトングなどで縦に持ち、 脂身の部分を1〜2分焼き付ける。
ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 落合シェフ直伝! Xmasディナー2010 【豚ロースのソテー バルサミコソース】 肉の表4. 脂身に軽く焼き目が付いたら、盛りつけの時、表になる方の面から5分ほど焼き付ける。
※豚ロース肉から出てきた油を、肉に回しかけながら焼くと、より早く均一に火が通ります。

5.4.に付け合わせのジャガイモも一緒にソテーする。
6. 肉の赤身の部分のまわりが白く縁取られ、脂身の部分が透明になったらひっくり返し、 火を止めて余熱で1分ほど加熱したら皿に肉を取り出しておく。
付け合わせのジャガイモは取り皿に盛る。
7.【ソース作り】
6.のフライパンから大さじ2くらいの油を残して余分な油を捨てたら、 バルサミコ酢を加え強火で沸かす。
8.バルサミコ酢が沸いたら弱火にして塩・コショウ、砂糖を加え、煮詰める。
9. ソースが半量くらいになったら火を消して、常温に戻し小麦粉をまぶしたバターを加え、素早く溶かす。
10.再び火をつけ、一度沸騰させたらソースは完成。
11.【盛り付け】
ジャガイモを盛った皿に、豚ロース肉を盛りつけ、ソースをかけたら完成。

【豚ロースのソテー 柔らかジューシーのポイント】

1.脂身を最初にしっかり焼く
2.表を先に焼く
3.裏は余熱だけで焼く

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ
東京都中央区銀座1-21-2
TEL 03-3567-5656
【営業時間】11:30〜14:00、18:30〜22:00(土祝は、18:00〜21:30)
【定休日】日曜日、第1・3月曜日
11:30 - 14:00(ラストオーダー) / 18:30 - 22:00(ラストオーダー)
(ランチ) 11:30 - 14:00(ラストオーダー)
土曜日 11:30 - 14:00(ラストオーダー) / 18:00 - 21:30(ラストオーダー)
(ランチ) 11:30 - 14:00(ラストオーダー)
【予約】ランチ/当日10時から店頭にて予約。※電話での予約は受け付けていません。
ディナー/奇数月の第3月曜日のみ電話予約を受け付けています。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ / イタリア料理 - liverdoor 東京グルメ

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)イタリア料理(ラ・ベットラ ペル トゥッティ)   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories