2011年02月03日

kanbutsu カフェ 【サバの切干大根蒸し】

調理学博士:佐藤秀美さん
「実は切干大根にも、昆布と同じグルタミン酸が含まれているんです。 そして、グルタミン酸だけでなく甘みも含まれているので、 水分が飛んでギュッと濃縮れると、旨みや甘みを強く感じられるようになるんです。」

【乾物に含まれる出汁の種類】

・煮干し、カツオ節に含まれるのは「イノシン酸」
・昆布、切干大根に含まれるのは「グルタミン酸」
・干しシイタケに含まれるのは「グアニル酸」

切干大根の旨みを生かしたレシピを「kanbutsu カフェ」の按田さんに教わりました。

【材料】(2人分)

kanbutsu カフェ 【サバの切干大根蒸し】ネギ 1/4本
ニンニク 1片
酒 大さじ1
しょう油 大さじ2
一味唐辛子 小さじ1
ゴマ油 小さじ1
タマネギ 1個
切干大根 30g
サバ 半身

【作り方】

1.ネギは細かく刻み、すりおろしたニンニク、酒、しょう油、一味唐辛子、 ゴマ油を加えて合わせ調味料を作る。
2.鍋にくし切りにしたタマネギ、水でさっと洗った切干大根を敷き、 その上にサバをのせる。
3. 酒、水(200cc)を加えて1.の合わせ調味料をまわしかけ、 フタをして弱火で約7分蒸し、水分がなくなったら完成。
※水の量は、鍋底から1センチを目安に入れる。

◆kanbutsu カフェ
東京都渋谷区西原3-4-3
TEL 03-5465-2210
【営業時間】月〜土11:00〜22:00 日・祝日11:00〜20:00

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)カフェ&ダイニング 用賀倶楽部   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories