2012年09月23日

美虎 【もっちりパリパリジューシー餃子】

五十嵐美幸さん
「もっちりでジューシーで皮がパリパリな餃子の作り方をご紹介します。」

油揚げで、カサ増しにもなり、肉の量が少なくても、ジューシー感がアップします。

【材料】(20個分)

美虎 【もっちりパリパリジューシー餃子】餃子の皮 20枚
豚バラスライス肉 200g
ニラ 1/2束
長ネギ 1/2本
油揚げ 2枚
おろしショウガ 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2
オイスターソース 大さじ1
鶏ガラスープ(有塩) 50cc


【作り方】

1.餃子の皮に濡れたふきんをかけておく。
2.豚バラスライス肉の半分を粗みじん切りに残り半分は5cm幅に切る。
3.ネギ、ニラ、油揚げはすべて粗みじん切りにする。
4.ボウルに粗みじんにした豚バラ肉、3.の油揚げを混ぜる、そこにしょうゆ、オイスターソース、おろしショウガ、鶏ガラスープを加え軽くまぜる。さらに3.のネギ、ニラを加え混ぜる。
 ※白菜やキャベツなどの水分の多い野菜を使わないので、ねかせる必要がなく、すぐ包めます。
5.皮に5cm幅に切った豚バラを敷き、餡(1/3位)を包みしっかりふたをするように包む。小麦粉をひいたトレイの上にのせる。
 ※豚ばら肉を敷くのは、皮のもっちり感がアップしたような感じに仕上げるためです。
  プロは皮から手作りして、市販の餃子の皮よりも厚みがあります。市販の皮の薄さを補い、食べた時に、皮がもっちりしたように仕上げるために、豚ばら肉を敷くのです。
6.フライパンにサラダ油大さじ1(分量外)をひき強火で焦げ目をつける。
7.小麦粉大さじ2、水50ccを混ぜそこにお湯150ccを加えそれをフライパンに注ぎ、蓋をし弱火で3分ほど蒸す。
8.ゴマ油(大さじ1)をまわしかけ1〜2分焼き、完成。




ギョウザのタレを、2種類ご紹介しました。

夏のさっぱりダレ

【材料】

ギョウザのタレ・夏のさっぱりダレしょうゆ 大さじ2
酢 大さじ1
ラー油 大さじ2
トマト(みじん切り) 50g
おろしにんにく 小さじ1

【作り方】

1.材料を混ぜ合わせる。


ちょっピリ大人ダレ

【材料】

ギョウザのタレ・ちょっピリ大人ダレしょうゆ 大さじ2
酢 大さじ1
ゴマ油 大さじ1と1/2
粒マスタード 大さじ1

【作り方】

1.材料を混ぜ合わせる。


中国料理 美虎(みゆ)
東京都渋谷区西原2-32-6 UTSビル1F
(京王新線幡ヶ谷駅南口から徒歩4分)
TEL 03-6416-8133
【営業時間】昼11:30〜14:00L.O.
        夜18:00〜21:30L.O.
【定休日】月曜日

ロケタッチグルメ /東京グルメ/ 京王、小田急沿線/ 幡ケ谷/ 中華料理/その他/ 美虎

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)中華料理(広味坊・美虎)   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
Categories