2013年04月04日

青山オステリアスカーサ 吉田パスタバー 【桜海老とサキイカと桜バターの和えるだけパスタ / 旬のクレソンと釜揚げシラスの混ぜパスタ】

オーナーシェフの吉田宏介さんに春パスタの作り方を教えていただきました。

吉田宏介さんの書籍
吉田PASTA BARの毎日食べたくなるパスタ107』 

■ 桜海老とサキイカと桜バターの和えるだけパスタ

【材料】(2人分)

桜海老とサキイカと桜バターの和えるだけパスタパスタ 200g
バター(無塩) 80g
サクラエビ 6g
サキイカ 30g
桜の花の塩漬け 5g
めんつゆ(2倍濃縮) 大3
黒コショウ 適量
菜の花 適量


【作り方】

1.バターを常温に置いて柔らかくする。桜の花の塩漬けは水に浸し、塩抜きする。
2.ボウルにバター、桜エビ、3cm程度の長さに切ったサキイカ、細かく切った桜の塩漬け、めんつゆを加え、よく混ぜる。最後に黒コショウで味を整える。
3.ボウルに茹で上がったパスタを加え、混ぜ合わせ、皿に盛って菜の花を添えれば、出来上がり。


■ 旬のクレソンと釜揚げシラスの混ぜパスタ

【材料】(2人分)

旬のクレソンと釜揚げシラスの混ぜパスタパスタ 200g
クレソン 2束
シラス 60g
レモン汁 大1
オリーブ油 大6
めんつゆ(2倍濃縮) 大2
ガーリックオイル 大1

【ガーリックオイル(作り置き用)】
ニンニク 10片
赤唐辛子5本
オリーブ油 300ccカップ

【作り方】

1.みじん切りにしたニンニク、小口切りにした赤唐辛子、オリーブ油をフライパンにいれ、弱火で20分、ニンニクがきつね色になるまで煮詰めてガーリックオイルを作っておく。
2.クレソンは3cm幅でざく切りにする。
3.ボウルにクレソン、シラス、レモン汁、オリーブ油、めんつゆ、ガーリックオイルを加え、混ぜる。
4.3.に茹で上がったパスタを加え混ぜたらできあがり。
※ガーリックオイルは2〜3週間程度冷暗所で保存可能です。


★グレープフルーツの皮をトッピングしてさわやかに★
旬のクレソンと釜揚げシラスの混ぜパスタ+グレープフルーツ

※グレープフルーツの防ばい剤を除去するために、スポンジを使い流水で優しくこすることをお勧めします。.

青山オステリアスカーサ 吉田パスタバー
東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル1F
TEL:03-6805-0940
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜23:00
定休日:日曜 (祝日は不定休)


>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)パスタ   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
Categories