2013年11月28日

『おこん』小柳津大介さんのコレおいしい! 【カキとゴボウの炊き込みご飯】

『おこん』小柳津大介さんのレシピ「カキとゴボウの土鍋ご飯」を教えていただきました。

土鍋でご飯を炊く利点は、ご飯の甘みと粘りを引き出すところにあります。
今回は、炊飯器でも炊けるレシピにしていますが、簡単にできますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

ゴボウと牡蠣はすごく相性がよく、ゴボウが食材の臭みをとってくれるので、灰汁の強い魚介類とあわせると美味しくできます。

【材料】(4人分)

『おこん』小柳津大介さん【カキとゴボウの炊き込みご飯】米 360cc(2合分)
水 360cc(炊飯用)
カキ(加熱用)16個
ゴボウ 1本
酒 大2
塩 小1弱(5g)
万能ネギ 1本

【作り方・下準備】

1.牡蠣は薄い塩水で振り洗う。
2.青ネギは小口切りにしておく。

【作り方】

1.米を水で洗う。水を切る。
2.米と浸水用の水(分量外:450cc)を土鍋に入れて30分〜60分浸水させる。
 ※ 十分浸水させると、でんぷんが分解されて糖質に変わるので、より、甘く美味しいご飯が食べられます。
3.ごぼうは水で皮を軽く洗ってから、ピーラーでささがきにして、水にさらす。
4.2.を水から上げて軽く水を切り、360ccの水(炊飯用)、ごぼう、牡蠣、酒、塩を入れて強火にかける。
5.タイマーは15分にセットし、鍋が吹いてきたら弱火にして合計15分炊き上げる。
 ※ 5~7分強火+8~10分弱火
6.15分経ったら、土鍋にバスタオルなどをかけて15分蒸らす。お好みで万能ネギを散らして完成。
 ※ 炊いた時間と同じ時間じっくり蒸らすと、ご飯がパサパサしない。

≪使用米≫
山形南陽 青木ライスファーム つや姫 
玄米1kg 783円(亀太商店(東京都墨田区)の価格)

つや姫は、炊きあがりのつやがすごくきれいです。冷めても美味しい。
今年はすごくできがいいです。

おこん
所在地:東京都渋谷区西原2丁目48-2 
     代々木上原駅西口から徒歩約7分
TEL:03-3469-5004 ※要予約
営業時間:18:00〜22:00


>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)和食一般   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
Categories