2014年01月18日

ケンコウバル・サルー 南雲吉則先生 【カレー粉で作る雑穀カレー】

渋谷にある南雲吉則先生監修のレストラン『ケンコウバル・サルー』で、胃腸をいたわるスペシャル生薬レシピをご紹介しました。

ナグモクリニック 南雲吉則先生
「生薬というのは胃腸の働きを良くしてくれ、アンチエイジングにもなる最高の食材なんです。」

南雲先生イチオシ!カレー粉で作る雑穀カレーレシピです。

カレー粉は多めに加えるのがポイント。
そして鶏肉を炒める時、雑穀米を焼く時は油を使わずヘルシー調理。雑穀米は平らにして焼くことで食感を楽しめ食べ応えを感じ、糖質の食べ過ぎを防止します。
カレー粉を使うことで食材はシンプルながら味わい深くなる、すぐにマネできる生薬メニューです。

【材料】(1人分)

ケンコウバル・サルー 南雲吉則 【カレー粉で作る雑穀カレー】鶏もも肉 1枚
プレーンヨーグルト 250g
雑穀米 1/2合
カレー粉 小3
塩 適量
コショウ 適量


【作り方】

1.鶏もも肉を一口大に切り、プレーンヨーグルトを加える。
2.1.にカレー粉を入れる。
3.2.にコショウ・塩を加えたら1時間ほど寝かせる。
4.3.をフライパンで中火で5分煮込む。
5.炊いた雑穀米を平たく形を整え、フライパンで焦げ目がつくまで焼く。
6.5.に4.をかけて完成!

ケンコウバル・サルー
所在地:東京都渋谷区渋谷3-26-17 DUPLEX B's 1F
TEL:03-6427-1079
営業時間:ランチ・月〜金 11:30〜14:30(L.O. 14:00)
ディナー・月〜土18:00〜23:00(L.O. 22:30)
定休日:日曜・祝日

ナグモクリニック 南雲吉則 総院長がメニューを監修されています。
健康をコンセプトに掲げた創作料理店で、完全栄養をテーマに食べて健康になるお店です。また、低糖質メニューも用意されており、今年注目のケトジェニックダイエットを考える方にも参考になりそうです。

  

>>まかないレシピ トップへ戻る

コメント(0)トラックバック(0)おうちでカレーを美味しく食べる!レシピ | 美容・健康によいおすすめレシピ  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
Categories