帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー

2010年06月15日

今年で開業120周年の帝国ホテル。日本で初めて“バイキング”という食のスタイルを導入したビュッフェレストランで、 ポテトサラダは味わえます。

帝国ホテル インペリアルバイキング「サール」 【帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風】 ☆帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風
大正時代から受け継がれている帝国ホテルの伝統のポテトサラダ。具材はジャガイモ・タマネギだけ!




帝国ホテル シェフ:下川明宏さん
「いくつかのポイントをおさえていただければ、ご家庭でも簡単に作ることができます!」

【材料】(4人分)

帝国ホテル インペリアルバイキング「サール」 【帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風】男爵イモ 750g
タマネギ 1/4個
フレンチドレッシング
・塩 小さじ1/2
・コショウ 適量
・マスタード 小さじ1/2
・白ワインビネガー(または酢) 大さじ2
・サラダ油 大さじ4
味付け
・マヨネーズ 200g
・マスタード 小さじ1/3
・塩・コショウ 適量
続きを読む

makanai_recipe at 10:06コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2007年08月07日

タマネギの風味が牛肉と見事に溶けあうシャリアピンステーキ。

実はこのメニューは、帝国ホテルのシェフが、当時来日していたオペラ歌手・シャリアピンのために作ったものなんです。

その秘伝のレシピを帝国ホテルのシェフに教えていただきました。


帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリーのシャリアピンステーキ【材料】

牛(ランプ肉) 150g
タマネギ 大2個
無塩バター 20g
サラダ油 適量
パセリのみじん切り 適量

続きを読む

makanai_recipe at 11:43コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2007年08月05日

100年以上にわたり受け継がれてきた伝統のフランス料理で頂く冷たいスープとは・・・

コンソメとポテトの冷製スープ パリ風

ジャガイモの冷たいスープ・ヴィシソワーズとコンソメジュレが2層になったホテル伝統の一品。


有名ホテルが誇る伝統の味ヴィシソワーズですが・・・・本格的に作るとなると材料を入手するところから大変。本来は、日本では、1本1000円ほどするポロネギも必要なんです。

今回は特別にジャガイモとタマネギだけで作れるレシピを伝授します。

【材料】(4人分)

帝国ホテル トラディショナルダイニング ラ ブラスリー 【ヴィシソワーズ】ジャガイモ 中2個
タマネギ 大1/2個
万能ネギ(青い部分) 適量
チキンブイヨン 3カップ
生クリーム 2カップ
牛乳 2カップ
バター 30g
塩 適宜続きを読む

makanai_recipe at 11:06コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スポンサードリンク
Categories