日本橋ゆかり

2013年09月10日

日本橋ゆかり 三代目 野永喜三夫さんにめんつゆを使った万能たれレシピを教えていただきました。

【材料】

日本橋ゆかり 野永喜三夫さん 【万能めんつゆ納豆だれ】納豆 3パック
ケチャップ 大2
マヨネーズ 大7
みそ 小1
レモン汁 大1
めんつゆ 大4
続きを読む

makanai_recipe at 23:22コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2010年12月26日

料理長の野永喜三夫さんは、ニューヨークタイムズ紙が日本を代表する料理人として紹介するなど、 世界が認める和食の巨匠です。

料理長:野永喜三夫さん
「シリコンスチーマーは家でよく使ってます。 短時間で火が入りますし、旨みが増すんですよ。」

野永さんがご自宅でよく作っていてオススメというのが、炊き込みごはん。
なんと研いだお米をそのまま使って、ご飯が炊けちゃうんです。

【材料】(2人分)

日本橋 ゆかり 【シリコンスチーマーで炊き込みごはん】だし 180cc
塩 小さじ1/3
薄口しょう油 小さじ1
みりん 小さじ2
ショウガ(すりおろし) 小さじ1/2
ニンジン 30g
大根 30g
レンコン 30g
ゴボウ 30g
サトイモ 小4個
米 1合続きを読む

makanai_recipe at 10:06コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2010年11月24日

日本橋 ゆかりの三代目:野永喜三夫さんに、サバの味噌煮の作り方を教えていただきました。

【材料】(4人分)

日本橋 ゆかり 【サバの味噌煮】サバ 2枚(半身)
味噌(だし入り) 100g
みりん 大さじ4
酒 300cc
水 300cc
ショウガ 1片
長ネギ 1本続きを読む

makanai_recipe at 10:06コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2010年05月14日

皇室御用達の懐石料理の名店 日本橋ゆかり。
そこで腕を振るう野永喜三夫さんは、料理の鉄人ジャパンカップで総合優勝するなど、 今注目の若手料理人。 さらに、『フライパンで和食』という本を出すほど、フライパンの可能性を追い求めている方なんです。

三代目:野永喜三夫さん
「日本料理の定番、肉じゃがです。フライパンが一番いいんですよ。 一番ラク。
底が広いので食材が重ならないので早く火が入りますし、水分が早く飛ぶ。」

フライパンで作る肉じゃがを教えていただきました。

【材料】(4人分)

日本橋ゆかり 【フライパンで簡単肉じゃが】砂糖 大さじ1
しょう油 大さじ4
みりん 大さじ4
だし 700cc
ジャガイモ 2個
ニンジン 1/2本
タマネギ 1個
豚ばら肉 250g
昆布 15g
カツオ節 10g
絹さや 少々続きを読む

makanai_recipe at 10:06コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2008年01月21日

冬野菜で頂く絶対美味しい冷凍うどん!

和食の名店・日本橋ゆかりの三代目:野永喜三夫さんに、冷凍うどんを使った、白菜あんかけうどんを教えてもらいました。
おろしショウガもいっぱい入っているので、体がぽかぽかっと 温まります。

【材料】(2人分)

日本橋ゆかり 【白菜あんかけうどん】白菜 3〜4枚
鶏ひき肉 100g
おろしショウガ 8g
塩 小さじ1
薄口しょう油 大さじ1
みりん 大さじ2
片栗粉 大さじ3
だし 4と1/2カップ
冷凍うどん 2玉続きを読む

makanai_recipe at 11:36コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2008年01月15日

冬野菜で頂く絶対美味しい冷凍うどん!

和食の名店・日本橋ゆかりの三代目:野永喜三夫さんに、冷凍うどんを使った、具沢山ポカポカうどんを教えてもらいました。
日本料理の真髄は、「旬の食材を生かす」ことにあり!
と、いうことで、長ネギをたっぷり使ったうどんを、紹介してもらいました。

【材料】(2人分)

日本橋ゆかり 【ネギたっぷりうどん】長ネギ 2本
塩 小さじ1
薄口しょう油 大さじ1
みりん 大さじ2
だし 4と1/2カップ(水4と1/2と和風顆粒だし4gでもOK)
豚バラ肉 140g
冷凍うどん 2玉続きを読む

makanai_recipe at 11:42コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2007年11月12日

昭和10年創業、親子三代にわたり宮内庁への出入りを許されている、 老舗割烹「日本橋ゆかり」の三代目料理長・野永喜三夫さん。 菊乃井村田吉弘氏のもとで日本料理の修行を始め、1997年実家が営む「日本橋ゆかり」の三代目として後を継ぐ、 今最も注目されている若き料理人です。

そんな料理長に、教えていただいたのは・・・

「合わせだれを作って、味噌風味の炒めものを作ります。
そうするとごはんがススムでしょ!
嫁さんも大好きですよ!
冷めてもおいしいですから。」

野永家の定番、冷めてもおいしいごはんに合う豚肉とれんこんの炒めものを作ります。

【材料】(4人分)

宮内庁御用達 「日本橋ゆかり」 野永料理長のmyごはん 【豚肉の味噌炒め】レンコン 300g
豚バラ肉(スライス) 200g
片栗粉 大さじ1
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
しょう油 大さじ2
みそ 大さじ1
水 適量
酢 少々続きを読む

makanai_recipe at 12:53コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2007年11月10日

昭和10年創業、親子三代にわたり宮内庁への出入りを許されている、 老舗割烹「日本橋ゆかり」の三代目料理長・野永喜三夫さん。 菊乃井村田吉弘氏のもとで日本料理の修行を始め、1997年実家が営む「日本橋ゆかり」の三代目として後を継ぐ、 今最も注目されている若き料理人です。

そんな料理長に、まず教えていただいたのは・・・

「さっと煮です。ポイントは、日本料理の基本のおいしいだしです。」

といって取り出したのは、黄金色に透き通ったきれいなだし

「ポイントを抑えたら、今までのだしとは全く違うだしが取れます。簡単ですよ。」

ということで、早速、基本だしの作り方を教えていただきます。


基本のだし

【材料】
水 1800cc
昆布 25g
カツオ節 20g

【基本のだしのとり方】

1 水(1800cc)の入った鍋に洗った昆布(25g)を入れて火をつけ、 弱火(お湯の温度が60度〜70度)で30分。
2 昆布を取り出したら火を強火にして沸騰直前まで温め、 カツオ節(20g)を入れて火を止めザルでこして完成。


旨みたっぷりの絶品だし。この絶品だしを使って簡単にできる極上煮物を作っていただきましょう。


宮内庁御用達 「日本橋ゆかり」 野永料理長のmyごはん 【豚肉のさっと煮】【材料】

レタス 1個
豚バラ肉(スライス) 200g
シイタケ 8枚
みりん 大さじ2
薄口しょう油 大さじ2
だし 400cc続きを読む

makanai_recipe at 12:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2007年11月09日

昭和10年創業、親子三代にわたり宮内庁への出入りを許されている、 老舗割烹「日本橋ゆかり」の三代目料理長・野永喜三夫さんのmyごはん。 菊乃井 村田吉弘氏のもとで日本料理の修行を始め、1997年実家が営む「日本橋ゆかり」の三代目として後を継ぐ、 今最も注目されている若き料理人です。

そんな料理長に、まず教えていただいたのは・・・

じゃがいものサラダ野永喜三夫さんのオリジナルの大葉で作ったドレッシングで合えます。

【材料】

宮内庁御用達 日本橋ゆかり 野永喜三夫さんのmyごはん 【大葉風味のじゃがいもサラダ】ジャガイモ 2個

●大葉ドレッシング
シソ 30枚
薄口しょう油 大さじ1
サラダ油 大さじ3
みりん 大さじ1
酢 大さじ1
塩 小さじ1/2続きを読む

makanai_recipe at 12:03コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スポンサードリンク
Categories