小柳津大介

2013年12月01日

『おこん』小柳津大介さんのレシピ「紅茶鶏とリンゴの炊き込みご飯」を教えていただきました。

今回は、文化鍋を使って炊き込みご飯を作ります。



文化鍋でご飯を炊く利点は、熱伝導率がいいので、ご飯がシャープに仕上がります。
カレーのご飯を炊くのに、むいています。

「紅茶鶏とリンゴの炊き込みご飯」は、「初めて食べる味。」と、よく言われるそうです。

スタジオでの試食では、

「甘い香りがします。」
「黒胡椒たっぷりというのは、いいですね。あってる!」と、岡江さん。
料理に温かいフルーツが入っているのを好まない薬丸さんは、「鶏は美味しい!」と言っていました。

りんごのどろっとした食感とシャキシャキした2つの食感が楽しめます。

【材料】(4人分)

『おこん』小柳津大介さん 【紅茶鶏とリンゴの炊き込みご飯】米 360cc(2合分)
水 1リットル
鶏もも肉 200g
紅茶ティーパッグ 2袋(1リットル分)
リンゴ 1個
塩 小1弱(5g)
酒 大さじ2
黒コショウ 大1/2
続きを読む

makanai_recipe at 10:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月30日

『おこん』小柳津大介さんのレシピ「栗とキノコの炊き込みご飯」を教えていただきました。
女性に大人気の炊き込みご飯です。

今回は、ご飯専用の2枚蓋の土鍋を使います。ご飯専用だけあり、失敗しづらいです。


栗は、スーパーで売っている栗の甘露煮やむいてある市販の甘栗でもOK。

【材料】(4人分)

『おこん』小柳津大介さん 【栗とキノコの炊き込みご飯】米 360cc(2合分)
水 360cc(炊飯用)
栗 200g
お好みのキノコ 120g
酒 大2
塩 小1弱(5g)
バター 20g続きを読む

makanai_recipe at 10:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月29日

『おこん』小柳津大介さんのレシピ「サケとレンコンの炊き込みご飯」を教えていただきました。

今回は、フライパンで炊き込みご飯を作りました。
フライパンで炊く場合、密閉性の高い蓋を選ぶのがポイント。
パカパカしたアルミの軽い蓋だと、圧力がかからないので、ご飯がうまく炊けないので注意。

【材料】(4人分)

『おこん』小柳津大介さん 【サケとレンコンの炊き込みご飯】米 360cc(2合分)
水 360cc(炊飯用)
生サケ 2切れ
レンコン 100g
ゴマ油 大1
塩 小1弱(5g)
白ワイン 大2
カイワレ大根 適宜続きを読む

makanai_recipe at 10:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月28日

『おこん』小柳津大介さんのレシピ「カキとゴボウの土鍋ご飯」を教えていただきました。

土鍋でご飯を炊く利点は、ご飯の甘みと粘りを引き出すところにあります。
今回は、炊飯器でも炊けるレシピにしていますが、簡単にできますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

ゴボウと牡蠣はすごく相性がよく、ゴボウが食材の臭みをとってくれるので、灰汁の強い魚介類とあわせると美味しくできます。

【材料】(4人分)

『おこん』小柳津大介さん【カキとゴボウの炊き込みご飯】米 360cc(2合分)
水 360cc(炊飯用)
カキ(加熱用)16個
ゴボウ 1本
酒 大2
塩 小1弱(5g)
万能ネギ 1本続きを読む

makanai_recipe at 23:24コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
Categories