雑穀

2014年01月18日

渋谷にある南雲吉則先生監修のレストラン『ケンコウバル・サルー』で、胃腸をいたわるスペシャル生薬レシピをご紹介しました。

ナグモクリニック 南雲吉則先生
「生薬というのは胃腸の働きを良くしてくれ、アンチエイジングにもなる最高の食材なんです。」

南雲先生イチオシ!カレー粉で作る雑穀カレーレシピです。

カレー粉は多めに加えるのがポイント。
そして鶏肉を炒める時、雑穀米を焼く時は油を使わずヘルシー調理。雑穀米は平らにして焼くことで食感を楽しめ食べ応えを感じ、糖質の食べ過ぎを防止します。
カレー粉を使うことで食材はシンプルながら味わい深くなる、すぐにマネできる生薬メニューです。

【材料】(1人分)

ケンコウバル・サルー 南雲吉則 【カレー粉で作る雑穀カレー】鶏もも肉 1枚
プレーンヨーグルト 250g
雑穀米 1/2合
カレー粉 小3
塩 適量
コショウ 適量
続きを読む

makanai_recipe at 10:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スポンサードリンク
Categories